2018年12月10日
大宮駅東口大門町2丁目中地区

事業の経緯・代表挨拶

1.理事長挨拶

 
大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合理事長の永峰富一でございます。
平成27年3月に、本組合を設立して以来、間もなく2年になろうとしており、日頃から、組合の活動にご理解ご協力を賜り、重ねて御礼申し上げます。
皆様の十分なご理解のもと、再開発事業の一日も早い完成を目指して事業を進めて参りたくこれまで以上のご支援ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。
 


2.大門町2丁目中地区の再開発事業

 
大門町2丁目中地区は、市有地を含めて低未利用地や細分化された土地、老朽化した建物が残り、防災機能の低下などの課題を抱えていることから、土地・建物利用の高度化・防災性の向上等を図るため、施設建築物及び道路等の公共施設を一体的に整備することを目的とし、機能更新と充実、地域の拠点整備、人と緑のネットワーク創出及び新しい都市環境を創造するため組合施行による市街地再開発事業を行うものです。

タグ
Twitter でフォロー